【男の料理】鮭のちゃんちゃん焼きと野菜炒め

 

今日は仕事が早く終わったので、帰宅してすぐに台所に立つ。

冷蔵庫には木曜日に買った食材がまだたくさん残っている。ありがたい。

フライパンには昨日焼いた鳥皮せんべいさんの残り油が残っているので、今日はこれを使って野菜炒めを作ろう。

おっとその前に、冷凍庫にストックしてある鯖鮭ゾーンから、今日は鮭を使った料理も一品。

 

用意する食材

  • 冷凍シャケ(切ってあるやつ)
  • しめじ
  • 長ねぎ
  • 醤油
  • 味噌

 

手順

  1. シャケをアルミホイルの上に乗せます
  2. しめじと長ねぎを切って乗せます
  3. アルミホイルで包みます
  4. コップ一杯分の水を入れた鍋にぶち込みます
  5. 一旦アルミホイルを開けて、忘れていた醤油:水=1:4を入れます
  6. 味噌もスプーン1杯分乗せます
  7. 包みなおして火にかけます
  8. イイ感じになったら出来上がり

 

料理をする時は一品は必ず煮込み系を入れるのが基本だ。なぜなら火にかけて手が空いた時間で、もう一品作ることができるから。

さてちゃんちゃん焼きを火にかけている間、冷蔵庫の野菜たちを使って辛ウマ野菜炒めを作ろう。

 

用意する食材

  • 鳥の胸肉
  • 大根
  • 白菜
  • 鳥皮せんべいさんから出た油
  • 豆板醬

 

手順

  1. 鳥皮せんべいさんの油を温め直します。
  2. 鳥の胸肉を薄く切って若干焦げ目がつきそうな位まで焼きます。
  3. 大根と白菜を適量入れて炒めます。
  4. 豆板醬を入れます。
  5. 終わり

 

あっという間に終わるので、その間に以前焚いた余りのサフランライスを電子レンジで温めつつ、洗い物を一気に済ませてしまおう。

 

そうこうしているうちに、ちゃんちゃん焼きも出来上がりだ。

 

 

 

これぞ男の簡単栄養満点定食の完成(歓声)だ。

ちゃんちゃん焼きは言わずもがな、若干しょっぱかったので醤油と味噌を少なめにすることをおすすめします。とはいえ、タレが染みた魚ときのこがご飯に合う。なぜか黄色いけど。

野菜炒めはピリ辛に仕上げることで、これまたご飯がススム。大根と白菜の相性は抜群で、胸肉も薄く切ることでぱさぱさになることを防いでいる。ウマシ。

2品とも、お酒との相性も抜群化と思われます。僕はお酒飲みませんが。

 

男性読者の諸君、ものの30分もあれば全部作れるのでぜひお試しあれ。彼女や奥さんに作ってあげても喜ばれるのではないだろうか。その日の夜はさぞ機嫌良くしてくれることであろう。