【日本代表】ベトナム戦レビュー|1点差の試合を勝ち切れる堅いチームになってきた

先ほどアジアカップ準々決勝の、日本対ベトナムの試合が終わりました。

アジアカップは厳しい戦いという事を、改めて痛感しましたね。

ベトナムなら楽勝、という世間のムードもありましたが、スタメンもいつもの布陣で挑んだあたりに、森保監督の相手を舐めてかからないぞという考えが見受けられました。

前半分析


前半は相手も体力のあるうちに、ラッキーゴールでもいいから先制したいという意図が見えました。

5バックと全員の運動量でなんとかしのぎつつ、10番に預けてのカウンターで仕留めるというだけ。

確かに脅威を少しは感じましたが、この大会を通して試合を追うごとにチャレンジアンドカバーの役割分担が完璧になってきた吉田と富安の前では、決定的なチャンスは作れず。

あるとすれば、権田と吉田の連携ミスからだけでしたね。吉田は恐らく長年やってきた川島との連携が染み付いてしまっていて、そのやり方を権田に同じようにやってミスが起きている感じ。吉田が後ろを向いた時、本来なら川島はすぐに受けることのできる位置に入るけれど、権田はゴール前に張り付いていて準備が遅いので、今大会は変なバックパスが増えている。

攻撃に関して言うと、間で受けることができているのに怖がって前を向こうとするアクションをしないから、相手も調子づいて受け手へのプレス強度を強めて、また怖じけずいて…の悪循環。

これはシンプルに、ベトナムなら余裕で持てるだろうという甘い考えに付け込まれたかな〜と。さすがは準々決勝まで上がってきただけあって、当然簡単にはやらせてくれません。

やはり前を向けなければボールも前に運べないので、前半はチャンスはサイドからのみになりました。右サイドはまだまだ連携不足かな。

後半分析

攻撃は前半とうって変わって間で受けた選手が前を向くようになったので、一気にボールを進めれるようになりました。

また、リターンした後に必ず2人目が顔を出すようになったことで、ボランチにとってパスコースが増えたのも良かったです。

ボランチのセカンドを拾う意識は素晴らしいけれど、前に運ばれてパスを出された後のボールホルダーへのプレスの甘さが気になるところ。

これは今大会の初戦もそうだけど、ランク上位の国相手では容赦なくミドルを打ち込まれるので、プレス強度あるいは予測の早さを高めたいところ。

正直なところ、これまでの主力から大幅に世代交代を進めた中でよくやっているというのが僕の意見。まだ結成半年で明らかに大迫と中島頼りの攻撃になっていた中で、その2人が抜けてもしっかり勝ちきれるところに僕は森保監督の力量を感じています。

ターゲットマンの大迫がいないのも痛いけれど、1番痛いのは中島がいないこと。

堂安も南野も、中島からのチャンスメイクを頼りにしていたので、この大会での原口にはそこが期待できず親善試合のようなダイナミックな動き出しをしても左サイドからスルーパスが出てこない。そもそも、左サイドでタメが作れないので、動き出すこともできないジレンマにある。生命線は大迫のキープから2人で追い越すか近づいてコチョコチョのパターンのみになるのに、初戦以外は大迫がいなかったのでどうしても個人の力量次第になっていました。

その中でよくやっている方かなと、もちろんそれじゃあ世界のトップとは渡り合えないけれど、まずはアジアを勝ち抜くのには最低限の仕事をしているという印象です。

準決勝も、攻撃陣にとっては難しい展開になることは予想できるけれど、チャンスを一つきっちり決めきること、決めた後は攻撃はほどほどに、守備のタスクをしっかりこなせれば優勝は間違いなしだと僕は思っています。

まとめ


ツイッターなんかではこんな戦い方じゃあ世界とは戦えんとか言っている人がいますが、アジアも世界の一部なわけで。

確かに面白くない試合をしているけれど、内容が良くても負けるという試合はこれまで嫌という程見てきた。

例えば、前回大会の準々決勝なんかはまさにそうで、散々攻めたのに甘い守備でぽろっと決められた一点が致命傷となった。

今回は失点しても逆転できてるし、リードしたら守備の集中は絶対に切らしていないから、それはこれまでの代表には無かったこと。

今大会は面白い試合をしなくてもいいので、とことん勝ちのみにこだわって進んで欲しい。

これでいいんだぞ!世間の批評なんかに負けず頑張れ日本!

日本代表の欧州メンバーの活躍をチェック!


気づけば、日本代表メンバーの半数以上が欧州組になりましたね。

日本代表選手たちの普段の試合は地上波テレビでは追いかけることができないので、別の視聴媒体で追いかける必要があります。

せっかくなので、僕がいつも確認しているYouTubeチャンネルを一覧で載せておきますね。

リーグ(国)視聴媒体
日本代表JFATV
CL/ELWOWOW
リーガ・エスパニョーラ(スペイン)DAZN Japan
プレミアリーグ(イングランド)SPOTVNOW
ブンデスリーガ(ドイル)スカパー!
セリエA(イタリア)DAZN Japan
リーグ・アン(フランス)DAZN Japan
プリメイラ・リーガ(ポルトガル)DAZN Japan
ベルギー・プロ・リーグDAZN Japan
スコティッシュ・プレミアシップ(スコットランド)SPOTVNOW
Jリーグ(日本)Jリーグ公式チャンネル
欧州主要リーグの視聴媒体一覧

ぜひ参考にしてもらえればと思います!毎週末チェック!

2ちゃんねるサッカー板のまとめに関しては、こちらの3つのサイトがおすすめです。

日本代表サッカーファンみんなで、蒼きサムライたちの活躍を応援しましょう!