【日本代表】ウズベキスタン戦レビュー|伊藤・室屋のスピードを活かした崩し

先ほど終わったアジアカップグループリーグ第3戦、相手はウズベキスタン。

全選手を替えて挑んだ日本は先制を許したものの、結果としては逆転で見事勝利を収めました。

では、まつを視点から試合を分析してみたいと思います。

全体を通して


日本は前半は攻撃と守備の分断され具合が激しく、特にボランチの1枚どちらかが攻撃参加してこないために攻撃の崩しの枚数が少なく手薄な攻撃となってしまいました。これの問題点としては、北川が武藤との距離が近すぎて、武藤とボランチの間をリンクさせる仕事ができなかったことに問題があります。恐らくここが今後の北川の課題で、代表でトップをやるにはポストプレーが求められるし、トップ下に入るのであれば今日みたいに前に運べるボランチがいなければ落ちてきて、ボールをさばく役割もできるようにならなければなりません。

ただ、北川だけの問題でもなく、ボランチの2枚も前が空いた隙にどんどんドリブルでボールを運ぶことができると、相手のバランスを崩すことができたように思います。

もう1つ残念だったのが、青山がパスを受けて顔を上げた瞬間に動き出す人が少なかったこと。これは後半に、右サイドの伊藤が意識するようになったことで改善されたので良かったです。特に相手の左サイドバックは守備がもろかったので、伊藤と室屋がそこを上手くついていけたのでばっちりでした。現に今日生まれた2点とも、相手の左サイドからでしたね。

DF陣に関して


失点のシーンは相手の個人技に見事にCB2枚が翻弄されてしまいましたが、全体を通して言えばクロスへの対応も問題なく危ないシーンはほとんどありませんでした。室屋のペナ付近での粘りも良かったですし、佐々木は空中戦の強さを相手のクロス対応で生かせていました。

個人的には槙野があまり好きではないのですが…。(苦笑)

槙野はマークに対して明らかに遅れて行っているのに、一発でいってしまって簡単にかわされるシーンを何とかしてほしいですね。三浦はサイドチェンジの質とサイドハーフの前スペースにボールを配給できればなお良し。ただ、競るか競らないかの判断にまだ甘さがあるかと。

ボランチ2枚、青山と塩谷の守備の安定感は抜群でした。潰してほしい所に必ずどちらかがいましたね。攻撃には若干の物足りなさが残りました。というのも、塩谷の得点シーンは文句なしですが、ああいった形のようにペナ付近にどちらか1枚が入っていけると、もう少し厚みのある攻撃ができたかなと思います。

なので、相手が疲れてきたところに柴崎を入れて前目でボールを受けさせることができれば、守備ブロックをボロボロに引き裂くことができていたかもしれませんね。

OF陣に関して


乾はシンプルに、試合勘が足りない!

明らかに前への仕掛け方を忘れていたし、そもそもギリギリの試合を久々にやったのであろう、珍しくトラップがずれずれでした。アジアレベルなら失わないはずであろうに、今日はミスが目立ちましたね。ただ、1つ気になったのがトップ下を北川にしてしまうと、北川はトップの近くをうろつく選手でありサイドハーフに近寄ってこない性質から、乾がボールを持っても孤立する場面が前半は多々ありました。後半は前半よりも北川が近い位置に来てくれたおかげで、自分で仕掛ける以外に一旦ボールを預ける選択肢が出てきましたが、まだ連携が取れていませんでした。ここは時間をかけて合わせていくしかないですね。

それと試合勘を戻せー!

北川に関しては、僕は大いに期待しています。今日のポジション取りは悪くなかったと思います。武藤の近くにポジションを取れていたし、伊藤にボールが入った際は近づかずに中で待っていたので、通っていればというシーンが何度かありました。

今日のように、伊藤はボールを持つと周りの選手は近くに行くよりかは離れてあげる方がドリブルのスペースを潰さないので、それが一番のサポートになります。強いて言えば、サイドバックが追い越して相手のマークを引き付けてあげるとよりドリブルしやすくなるので、室屋との相性は抜群でした。特に後半は右サイドが日本のストロングポイントになっていました。

とはいえ北川はもう少し乾との連携を高めなければ、そして技術を身につけなければ活かし活かされることはないですね。今回は乾のコンディションも良くありませんでしたが、乾から受けたボールを上手くリターンできていればチャンスになったシーンはいくらかありました。今後の課題ですね。

武藤はナイスゴール。やはりCFは点を取ってなんぼ。そういう意味では、今日は十分だったと思います。守備のスタートとしても機能していたし、コース限定の仕方も悪くありませんでした。ただ、もう少しターゲットとしての役目をこなせると、もっと大迫の位置を脅かせるかもしれませんね。縦へのスピードは間違いなく大迫より高いので、ワンタッチで落として前を向いて抜け出してボールを引き出す形を確立できれば、もっとゴール前でのチャンスに恵まれそう。

まとめ


失点してから、すぐさま同点に引き戻すことができたのが今日の勝敗の分かれ目でしたね。相手は前半の得点を入れるまではリズムを持って前にいけていましたが、同点ゴールで一気に焦りが見えてパスの質、ランニングの質が落ちたように見えました。

スタメンを総入れ替えしても、リーグ1位に勝てるという層の厚さを示すことができたし、今日の試合は控えメンバーのモチベーションアップにもつながり非常に良い内容の試合になったと思います。

トーナメントも頑張れ日本!

日本代表の欧州メンバーの活躍をチェック!


気づけば、日本代表メンバーの半数以上が欧州組になりましたね。

日本代表選手たちの普段の試合は地上波テレビでは追いかけることができないので、別の視聴媒体で追いかける必要があります。

せっかくなので、僕がいつも確認しているYouTubeチャンネルを一覧で載せておきますね。

リーグ(国)視聴媒体
日本代表JFATV
CL/ELWOWOW
リーガ・エスパニョーラ(スペイン)DAZN Japan
プレミアリーグ(イングランド)SPOTVNOW
ブンデスリーガ(ドイル)スカパー!
セリエA(イタリア)DAZN Japan
リーグ・アン(フランス)DAZN Japan
プリメイラ・リーガ(ポルトガル)DAZN Japan
ベルギー・プロ・リーグDAZN Japan
スコティッシュ・プレミアシップ(スコットランド)SPOTVNOW
Jリーグ(日本)Jリーグ公式チャンネル
欧州主要リーグの視聴媒体一覧

ぜひ参考にしてもらえればと思います!毎週末チェック!

2ちゃんねるサッカー板のまとめに関しては、こちらの3つのサイトがおすすめです。

日本代表サッカーファンみんなで、蒼きサムライたちの活躍を応援しましょう!